健康食品とは

健康によいと称して、健康食品やサプリメント、健康補助食品、新食品などの名称で販売されています。病気になってから強い薬を服用するよりも、日常的に摂取することで病気を予防することのほうが堅実です。使用する健康食品の効果をきちんと理解して上手に取り入れ、健康維持に役立てていくことが大切になります。一般的に健康食品といわれているものは、自然成分そのままの食品であるお茶や蕎麦、野菜などがあります。また、健康を目的にある特定の保健の目的が期待できることを表示した食品で、特定の成分を抽出してつくったジュースや菓子、即席麺などで、特定保健用食品もこのようなものが多くあります。

そして、医薬類似食品で、生理的な活性があるとされる成分を抽出した錠剤やカプセル、粒状、顆粒状などの形をした成分強化食品は、アメリカではダイエタリー・サプリメンントと呼ばれ、日本で健康補助食品といわれるものの多くはこられになります。健康食品の分類は、医薬品ではなく食品になります。日本では、食品は食品衛生法、医薬品は薬事法の法律の規制を受け、健康食品は一般の食品と同様に食品衛生法で規制されています。そのため、医薬品のように診断や治療、そして病気の予防を目的にすることができず、身体の機能や構造に影響を与えるものではないことになり、健康食品について血圧を下げる効果などの健康機能を宣伝したりすると薬事法に違反することになります。しかし、日常的に食べている食品の成分の中には抗酸化作用や抗菌作用をはじめ、身体の生理機能に影響を及ぼすものが多々あることが近年の科学研究で明らかになってきています。

<注目サイト> 健康食品として注目されているユーグレナを使った青汁やクッキーなどを販売しているサイトです・・・ユーグレナ

健康食品の選び方

健康食品の選び方は、日頃から抱えている自分の健康上の悩みと関わってきます。費用の問題もあるので、カプセル状や錠剤型の健康補助食品はなるべく絞って摂取するとよいでしょう。健康維持の根本はバランスのよい日々の食事にあるので、健康補助食品はあく・・・

健康食品の分類

健康品の分類は、4種類のマークでおこなわれています。1、健康補助食品とは、厚生労働省所管の財団法人である日本健康・栄養食品協会がだしている認定マークで、愛情を持って健康補助食品を見守る姿勢を表現したものです。これは、法律によった定義はなく・・・

健康食品摂取の注意

2、特定保健用食品といわれるものは、厚生労働省が健康機能の表示を許可した食品のことで、躍動する人物がデザインされています。体脂肪がつきにくいなどの機能表示があるのでわかりやすく、栄養機能食品と合わせて保険機能食品と総称されることになりまし・・・